人形修理職人ネットワーク 福田匠庵

人形修理職人ネットワーク 福田匠庵とは

思い出がそれぞれの形をしているように、人形修理もひとつの技能では解決できません。お客様にとって唯一の人形修理に取り組むには、唯一の技を持つ職人が「集まる」必要があります。
職人技術や心は「唯一」のものです。マニュアル等により、均一化されるものではありません。そして、ここ京都には、マニュアルにはできない、豊かな心と伝統技術が連綿と受け継がれています。この町に育った「唯一の技と心」をもつ職人達の集まり。それが福田匠庵です。

人形修理職人ネットワーク
福田匠庵
主宰 福田眞一
最近多い修理のケース
雛人形やその他のお人形のお顔にシミや汚れが
付いたという事例がものすごく多いです。

原因はホコリです。

お人形をしまう時、ハタキ等でホコリを落としてからしまうのが
一般的ですが、ホコリを落とさずにそのまま紙箱に入れ
湿気のあるところに保管されると早ければ1年で
シミが付いてしまうことが多々あります。

お人形をしまう時は必ずホコリを落とし、
保管は、できるだけ湿気が少ない場所(一段上にするなどして)で
管理をしてください。



a0090989_13354184.png



by fukudashoan | 2017-07-25 13:25 | 修理事例
<< 京漆器・蒔絵職人 平野雄一氏 筆者の近況報告 >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
画像一覧