人形修理職人ネットワーク 福田匠庵

人形修理職人ネットワーク 福田匠庵とは

思い出がそれぞれの形をしているように、人形修理もひとつの技能では解決できません。お客様にとって唯一の人形修理に取り組むには、唯一の技を持つ職人が「集まる」必要があります。
職人技術や心は「唯一」のものです。マニュアル等により、均一化されるものではありません。そして、ここ京都には、マニュアルにはできない、豊かな心と伝統技術が連綿と受け継がれています。この町に育った「唯一の技と心」をもつ職人達の集まり。それが福田匠庵です。

人形修理職人ネットワーク
福田匠庵
主宰 福田眞一
京漆器・蒔絵職人 平野雄一氏
今回は京漆器・蒔絵職人の平野さんの工房へお邪魔しました。


平野さんには長男さん、長女さんと二人の受け継ぎ手が
おられます。

漆工芸には茶託、銘々皿、菓子盆、茶箱、お祝い膳、雑煮腕、
婚礼の広蓋、万寿盆、進物盆、切手盆、花器、
その他調度品等があります。

各家庭では、しまいこんでお使いになることが
「稀」になっていると言われます。

たくさんの人たちに「漆塗りの良さ」を知ってもらい、
永く「漆器」に親しんでほしいと切望されています。


a0090989_17110771.png











by fukudashoan | 2017-08-01 10:32 | 工房見学
<< 今後の修理相談会の予定 最近多い修理のケース >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
画像一覧