人形修理職人ネットワーク 福田匠庵

人形修理職人ネットワーク 福田匠庵とは

思い出がそれぞれの形をしているように、人形修理もひとつの技能では解決できません。お客様にとって唯一の人形修理に取り組むには、唯一の技を持つ職人が「集まる」必要があります。
職人技術や心は「唯一」のものです。マニュアル等により、均一化されるものではありません。そして、ここ京都には、マニュアルにはできない、豊かな心と伝統技術が連綿と受け継がれています。この町に育った「唯一の技と心」をもつ職人達の集まり。それが福田匠庵です。

人形修理職人ネットワーク
福田匠庵
主宰 福田眞一
<   2006年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
少し気が早いですが、ひな人形のお話
a0090989_11283556.jpg女の赤ちゃんが生まれて、初めて迎えるひなの節句を初節句と言います。

御存知の三月三日ひな祭りがその日にあたり、正しくは上巳(じょうし・じょうみ)の節句と言います。

「三月のはじめの巳の日」が意味ですが、のちに三日がその日と定まり、ちょうど桃の季節なので、今では「桃の節句」と言う呼び名でも親しまれています。

そして、この日に欠かせないのが「ひな人形」。ひな人形は、生まれた子供が、健やかで優しい女性に育つようにとの親の願いが込められています。

では、次女や三女が生まれたときには?

基本的には一人一人の人形と考えますので、理想は次女や三女にもそれぞれのひなを用意したいものです。

それが無理な場合は、何かその子の記念になるような人形を買ってあげて、ひな段に一緒に飾ってあげるのが良い方法だと思います。
by fukudashoan | 2006-09-27 13:50 | 雛人形について
福田匠庵、いよいよ本格始動
a0090989_11281235.jpg人形修理には様々な職人技術が必要です。そこで、京都の職人達に呼び掛けたところ、みんな喜んで集まってくれました。日々切磋琢磨、お客様の思い出を感じ、取り組んでまいります。

本ブログでは、福田匠庵が誇る職人達の工房の様子・こぼれ話のレポートや、お知らせなどを紹介したいと思います。人形に関する素朴な疑問などもお寄せください。皆様からのメール、お待ちしております。
by fukudashoan | 2006-09-25 13:15 | お知らせ


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
画像一覧