人形修理職人ネットワーク 福田匠庵

人形修理職人ネットワーク 福田匠庵とは

思い出がそれぞれの形をしているように、人形修理もひとつの技能では解決できません。お客様にとって唯一の人形修理に取り組むには、唯一の技を持つ職人が「集まる」必要があります。
職人技術や心は「唯一」のものです。マニュアル等により、均一化されるものではありません。そして、ここ京都には、マニュアルにはできない、豊かな心と伝統技術が連綿と受け継がれています。この町に育った「唯一の技と心」をもつ職人達の集まり。それが福田匠庵です。

人形修理職人ネットワーク
福田匠庵
主宰 福田眞一
五月人形をしまう際のポイント
端午の節句も終わりましたので、今日は五月人形をしまう際のポイントをご紹介します。

しまう時期
5月中旬ぐらいまでにしまうのが一般的です。

カラッと晴れた日に
鎧、兜はカラッと晴れた日を選んでしまいましょう。櫃は日陰で風を通しておくとなお良いでしょう。(直射日光はくれぐれも避けてください)

しまう前にすべきこと
・羽根はたきなどでほこりを丁寧に払い落とす。
・飾り金具や鍬形など金属部分に指紋がついている場合は、ぬるま湯を浸した柔らかな布で丁寧に拭き取る。
・櫃の汚れは、薄めの中性洗剤で軽く拭き、柔らかな布で水気をとり陰干しする。
・房の部分は、荒めのクシで丁寧にすいてから薄紙で包んでおく。
・部品や付属品は、付属していた薄紙やビニール袋、箱などでしっかり梱包する。

保管場所について
鎧、兜は湿気を嫌います。保管する場所は、湿気が少なく、通気の良い暗所が理想的です。できれば、年に1~2度ダンボールから出して陰干しすると、カビやシミの予防にもなり、防虫効果も大です。又その意味でも、節句以外に誕生日にも飾って上げるのは、とても好ましいことです。


以上のポイントを押さえて頂ければ、末永く良い状態を保ち続けることでしょう。
# by fukudashoan | 2007-05-07 18:26 | 五月人形について
京都新聞と「京都!ちゃちゃちゃっ」
京都新聞と京都チャンネル内の「京都!ちゃちゃちゃっ」にて、
我々、「人形修理職人ネットワーク福田匠庵」が紹介されました。

「京都!ちゃちゃちゃっ」では、昨日(4/30)放送分で紹介されまして、早速、多数のお問い合わせをいただきました!!
TVの影響力はやはりすごいですね。。。

京都新聞の記事は、Webにもアップされていますので、是非読んで見てください。

【京都新聞電子版】
「需要掘り起こしへ 京の職人15人 人形修理ネット結成 」
# by fukudashoan | 2007-05-01 17:20 | メディア出演・掲載情報
五月人形の修理事例 - 兜の鍬方 -
端午の節句ももうすぐですね。
既に五月人形をお飾りになられているお家も多いかと思います。

ところで、お飾りになっているお人形の状態は如何でしょう?
鎧や兜などは金物が多いですので、錆が出ていたりしませんか?

福田匠庵ではもちろん五月人形の修理も承っております。
金物の錆等もきれいに落とし、元の状態に近づけることが可能です。
修理事例は、こちらでも御紹介していますが、先日完了しました事例を一つ御紹介します。

兜の鍬方部分です。
持ち込まれた時は、全体的に錆が出ている状態でしたが、
修理後は、きれいに錆もなくなり、元の状態に限りなく近づきました。

a0090989_18145055.jpg
押入れから出してみたら大変なことになっていた。。。
という方、是非一度、福田匠庵に御相談くださいませ。
# by fukudashoan | 2007-04-27 18:17 | 修理事例
五月人形を飾る時期は?
a0090989_16491043.jpg五月人形と聞いて、何を思い浮かべますか?やはり、「鎧」や「兜」等の甲冑類と、「子供大将」等の鎧を着たお人形ではないでしょうか。これらは一般的に、『内飾り』と呼ばれています。
この時期よく頂くご質問が「内飾りはいつ飾ればいいの?」というものです。
では、そのお答えは。。。


実は「この日!」と決まっているものでもないのです。

一般的によく言われているのは「春のお彼岸があけてから飾る」というものです。ただこれも正式に決まっている訳ではなく、早ければ早いほど良いとされている地域もあったりします。昔の武士の世界と同じく、早く陣を構えた方が有利になる「先手必勝」の精神が受け継がれており、「先陣の誉れ」ということでとても縁起が良いとされているんです。

特に初節句の場合には早く飾った方が良いとされています。
内飾りはあくまでも『お子様のお守り』として飾る物。ですから、厄災が降りかかりやすいとされるお節句の時期に備え、4月の中旬位までに飾ってあげるのが良いかもしれません。

まだ、お飾りになってない方はお早めに!!
# by fukudashoan | 2007-04-21 16:57 | 五月人形について
青い目の人形、ジェンナーちゃん
当工房への修理のご依頼は、日本人形に関するものがほとんどなのですが、先日、青い目の人形、ジェンナーちゃんの修理をさせて頂く機会がありました。青い目の人形は、1927年、米国人宣教師の提唱で日米親善のために、約1万2千体余りが全国の小学校等に寄贈されました。しかし、その大半は、太平洋戦争中に旧日本軍の命令で廃棄され、現存するのは約3百体だそうです。当工房にやってきたジェンナーちゃんは、そんな貴重な一体なのですが、経年によるひびや破損が多くみられ、頭髪は消耗し、衣服も劣化が進んでいました。

- before -
a0090989_17443.jpg

当工房の頭師、髪付師、手足師、着付師によって修理が施され、こんな感じに蘇りました。

- after -
a0090989_174523.jpg


西洋のお人形を、京都の伝統的な技術で修復するというチャレンジだったのですが、日本にやってきた当時の姿に少しでも近づけることができたのではないかと思います。

なお、現在、ジェンナーちゃんは、長崎歴史文化博物館で開催中の、
青い目の人形と長崎瓊子展」に出品されているようです。
お近くの方は、是非ご覧になってみてください。
# by fukudashoan | 2007-04-17 17:36 | 修理事例
福田匠庵が出張します
a0090989_1129143.jpg福田匠庵では、京都から日本各地の百貨店などに出向いて、実演出展いたします。開催スケジュールは以下の通り。お手元に修理が必要なお人形をお持ちの皆様は、この機会に是非、御来場下さい。

川西阪急百貨店
12月13日(水)~31日(日)
1階シ-ズン催事場 干支展示即売 

千里阪急百貨店
12月26日(火)~1月2日(火)
5階催事場 正月屋 干支縁起物展示即売
2階入り口 干支展示即売

【京都展開催スケジュール】

宮崎山形屋百貨店
10月11日(水)~16日(月)
第19回大京都のれん市 5階催事場

福岡岩田屋百貨店
10月18日(水)~23日(月)
第36回古都錦秋京都歴代のれん市 本館7階催事場

東京池袋西部百貨店
10月18日(水)~24日(火)
第40回京都名匠会 6階

静岡松坂屋百貨店
10月25日(水)~31日(火)
第19回錦秋の大京都展 本館8階催事場

新潟伊勢丹百貨店
11月 1日(水)~ 6日(月)
第23回京都歴代のれん市 6階催事場

千葉柏髙島屋百貨店
11月 7日(火)~13日(月)
第9回大京都展 地下2階催会場

山形酒田中合清水屋
11月16日(水)~23日(木)
第28回おこしやす京都展 5階特設会場

東京府中伊勢丹百貨店
1月上旬
第11回京都歴代のれん市 8階催事場

名古屋三越百貨店
1月16日(火)~21日(日)
第42回大京都展 7階催事場

大阪アベノ近鉄百貨店
1月11日(木)~17日(水)
第19回大京都展 7階催事場

福島郡山うすい百貨店
1月16日(火)~22日(月)
第8階初春大京都展 10階催事場

三重四日市近鉄百貨店
2月2日(金)~7日(水)
第11回大京都展 5階催事場

広島呉そごう百貨店
2月22日(木)~28日(水)

さいたま浦和伊勢丹百貨店
2月28日(水)~3月5日(月)
第27回京都歴代のれん市 7階催事場

横浜そごう百貨店
3月上旬
第22回京都老舗の会 8階催事場

高知大丸百貨店
2月28日(水)~3月6日(火)
第24回大京都名舗展 本館5階催会場

さいたま川口そごう百貨店
3月13日(火)~19日(月)
第11回京のれん市 9階催事場

札幌大丸百貨店
3月21日(水)~26日(月)
第5回京の雅名舗名品展 7階催事場

神奈川相模原伊勢丹百貨店
3月28日(水)~4月2日(月)
第17回京都歴代のれん市 本館5階催事場

姫路ヤマトヤシキ百貨店
4月中旬
第22回大京都展 8階ライブホール

横浜髙島屋百貨店
5月中旬
第29回京まつり 8階催事場
# by fukudashoan | 2006-11-26 16:04 | お知らせ
干支人形の百貨店での展示販売
福田人形店では毎年千里阪急百貨店、川西阪急百貨店に於いて来年度の干支 亥 を展示販売致します、開催日時は催事案内を見て頂ければ分かります。ちりめん・陶器・磁器・和紙・
ガラスといろいろな素材の亥が並べられます。是非とも期間中にお越し下さいますようお待ちしております。
# by fukudashoan | 2006-11-07 17:01 | お知らせ
修理人形の取り扱い
ただ今11月2日より6日迄新潟伊勢丹に於いて京都展を開催中です、福田匠庵の職人、鳥垣
忠雄が市松人形の着せ付けと修理の実演に参加しております、この機会にご家庭に眠っている人形の修理を承っています、又、人形の供養の代行も承っていますので是非ともお越し下さい。根本的な修理方法できつとご満足頂けると思います。
# by fukudashoan | 2006-11-02 18:02
修理人形
11月2日より6日まで新潟伊勢丹の催し会場にて京都展を開催中、福田匠庵の市松人形着付け師の鳥垣忠雄が実演販売に出ています、その場所にて人形修理の実演も行っています、是非見に来て下さい。
# by fukudashoan | 2006-11-02 17:51
修理職人ネットワ-ク
この事業を起こした目的は、現在行われている人形修理の方法は余りにもお粗末な方法で行われている、例えばお顔の修理の依頼がきた場合なんかを見ますと、簡単に同じ用な顔を挿げ替えたり、汚れなんかも簡単に白い物を塗ったりする程度で高い修理代をとっている所が多く 本格的に下地から修理する所が無かった、この修理職人ネットワ-クはあらゆる分野における修理ができる事を目的としている、そのための技術、技法を用いて完璧に近い修理を心がけている。昨今では何かにつけて、もつたいないという風潮が流れていて各家庭に眠っている人形や雛人形等を修理に出される事が多くなつている、ただ先ほども書いた通り本格的な修理をする所が無く分からないまま放置されています。我々は、このHPを通じて人形に関してのお問合せ、質問等を頂ければ良いと考えています。
# by fukudashoan | 2006-11-01 20:05 | 修理について


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ
以前の記事
検索
記事ランキング
画像一覧